登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/09/2010  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「若手選手の潜在能力は高い」

アレックス・ファーガソン監督はご存知の通り負けず嫌いだ。しかし、25日のベジクタシュ戦からは、多くのポジティブな要素を得られたと語っている。

前半の1失点により、ユナイテッドはベジクタシュに敗れた。しかし、多くの若い才能に感銘を受けたと、監督は語った。

「もちろん、試合結果にはがっかりしているが」と、監督はMUTVに対し話した。

「しかし、この試合に出場した数人の若手選手には失望していない。ガブリエル・オベルタンは20歳、26日に19歳になるダニー・ウェルベック。フェデリコ・マケーダは18歳だ」

「若い選手たちは、その潜在能力をしっかりと披露してくれた。こういった試合に出場することは、彼らの成長にとっても非常に良いことだと思うよ。彼らは、自分たちに試合出場のチャンスがあることを知っている。このクラブには、興奮を巻き起こすことのできる若手選手を輩出してきた歴史があるんだ。今日の試合に出場した若手選手も、皆エキサイティングな選手たちだよ」

しかし、選手たちのあまりに気負い過ぎる姿勢、そしてPKを見過ごした主審の判定に、監督は苦言を呈した。

「選手たちは勝利を切望していたよ。しかし、若手選手たちはあまりに気持ちが入り過ぎていて、時折プレーに緩急をつけられていない場面があった。しかし、それは間違いではないよ。若手選手の成長の過程で、自然に起こりうることだ。

ページ 1 / 2 次へ »