登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

バルセローナ2008-09シーズン

試合数:36
勝利:27
敗戦:4
引き分け:5
得点:104
失点:33
07/06/2013  Report by Jamie Renton
ページ 1 / 2 次へ » 

ファーガソンがバルサを研究

アレックス・ファーガソン監督が、チャンピオンズリーグ決勝の相手であるバルセローナを徹底的に研究していたことを明かした。

ファーガソン監督の弟マーティンは、数週間に渡りバルセローナに渡り、対戦相手を視察。研究リポートをまとめ、来る決戦に向けて準備を進めている。

「映像でバルセローナの研究をしているし、弟のマーティンが実際に試合を見てリポートを送ってきてくれるんだ。バルセローナ戦に集中しているよ」とファーガソン監督は語る。

ユナイテッドが18回目のリーグ優勝を決めた一方で、バルセローナもリーガ・エスパニョーラを制覇。19回目のリーグ優勝を達成した。バルセローナは国内のカップ戦でも優勝しており、この1週間で2つのタイトルを手にしたことになる。

ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるバルセローナは、17日のマジョルカ戦に敗れはしたが、ライバルのレアル・マドリーがビジャレアルに2-3で敗れたため、リーグ優勝が確定。その4日前には、コパ・デル・レイ決勝でアスレティック・ビルバオを4-1で破り優勝している。

マジョルカ戦でのサミュエル・エトオの不振に、ユナイテッドは胸をなでおろしていることだろう。

17日に1-2で敗れたマジョルカ戦の後、28歳のエトオはバルセローナの公式サイトに対しチャンピオンズリーグ決勝戦に向けた決意を語った。

「最近、僕は辛い時期を過ごしている。ただ、僕はローマでゴールを奪わなければならない」

エトオの望みはユナイテッド相手にゴールを決めることだ。だが、決勝戦には数人のチームメートが出場できないことが、彼の希望の妨げになるかもしれない。

ページ 1 / 2 次へ »