登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

マンチェスター・シニアカップ
リーボック・スタジアム、2009年5月12日
ボルトン・ワンダラーズ 0-1 マンチェスター・ユナイテッド
トシッチ(8分)
06/09/2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

リザーブ:ボルトンに勝利

ユナイテッドのリザーブチームは序盤に挙げたゾラン・トシッチのゴールでボルトンを下し、マンチェスター・シニアカップ優勝を果たした。

トシッチが放った力強いFKはボルトンのGKアダム・ボグダンの足に当たって跳ね返り、ネットを揺らした。ユナイテッドに1月に移籍してきて以降、トシッチにとってはこれが初めてのゴールだった。

その後もユナイテッドはボルトンのゴールを脅かし続けたが、GKボグダンに阻まれてリードを広げることはできなかった。一方のボルトンも積極的に同点ゴールを狙い続けたが、GKベン・エイモスが2度のファインセーブで失点を防ぎ、ユナイテッドが1点のリードを守ったまま後半に突入した。

この日、キコ・マケダやダニー・ウェルベック、リー・マーティン、トシッチらのメンバーで臨んだユナイテッドは非常に攻撃的なプレーを展開し、オーレ・グンナー・スールシャール監督とアシスタントコーチのウォーレン・ジョイスの体制となって以降、2度目の優勝を狙っていた。

ユナイテッドは巧みなパスさばきで立ち上がりからボルトンに圧倒的なプレッシャーをかけた。そして、トシッチが18メートルの距離から放ったシュートが予想外の方向に跳ね返り、そのまま先制ゴールとなった。その2分後にマケダが5メートルの距離からマーティンのFKにヘディングで合わせてゴールを狙ったが、これは枠を捕らえきれなかった。

その後、GKボグダンは続けざまにシュートへの対応に追われた。まず、トシッチの低いシュートを指先で見事に弾き出すと、直後のマーティンのパワフルな近距離からのシュートにもうまく対処。さらに、ユナイテッドはマケダとエカーズリーがシュートを放ったが、わずかに枠を捕らえきれず、得点には至らなかった。

35分にマケダのパスを受けたマーティンがシュートを放つと、これがGKボグダンの足をすり抜けて追加点が決まったかに見えた。しかし、主審の厳しい判断でオフサイドとなってしまった。結局、スコアに変化はないまま、こう着状態が続いた。

トシッチが再びドリブルでディフェンスラインを突破してチャンスを作ったがポストに弾かれ、ユナイテッドは1点をリードでハーフタイムを迎えた。後半も同じような展開が続き、ボルトンはユナイテッドのパス回しとボールポゼッションに苦戦を強いられ続けた。

引き続き、トシッチがGKボグダンの2度のセーブに阻まれたが、遅かれ早かれ2点目が決まるのは確実と見られていた。しかし、60分を過ぎた頃からボルトンが反撃を開始。ようやく、2度の絶好のチャンスを演出してユナイテッドのゴールを脅かした。

まず、トペ・オバデイがユナイテッドのエリア内に走り込み、コーナーを狙って低いシュートを放ったが、これはGKアモスに指先で阻まれた。さらに、アーロン・ムーイがFKから際どいシュートを放ったが、これもアモスが見事な反射神経でポストに弾き出した。

ボルトンの反撃が引き金となり、この後、ユナイテッドは怒涛の勢いでゴールに迫った。しかし、マケダとウェルベック、ダニー・ドリンクウォーターはいずれもわずかに枠を捕らえきれず、途中出場のマグナス・エイクレムも終了間際に追加点を決める絶好のチャンスを演出したが、GKボグダンのファインセーブに阻まれた。

ページ 1 / 2 次へ »