登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/09/2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

ヴェンゲルがユナイテッドを分析

ヴェンゲルは、水曜日のアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドとの差は、単にペナルティエリア周辺でのシャープさだと指摘した。

オールド・トラフォードでのチャンピオンズリーグセミファイナルの試合は、スコア以外の全てが不均衡な形だった。ユナイテッドは実に数多くのチャンスを創り出したにも関わらず、ネットを揺らしたのは前半のジョン・オシェイを通しての1度だけだった。

それは、エミレーツスタジアムでの2ndレグでもオープンな戦いが続く事が期待させるが、ヴェンゲルは自身のチームが改善されなければならない事を理解しており、多少の研究を進めているようだ。

「戻って来てから試合を2度見直したよ。我々はよく分析してみたんだ。」と指揮官は語る。

「出来る限りニュートラルな立場で分析する事が必要になる。我々の試合の前夜、チェルシーは165回のパスを繋ぎ、バルセロナは480回だった。だが我々の試合はそれ以上のレベルだった」。

「パスの面での違いは非常に些細なものだったが、ペナルティエリアの手前での彼らは本当にシャープだった。公平に見ても彼らは我々より多くのチャンスを作っていたと思う」。

ページ 1 / 2 次へ »