登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

07/06/2013  Reported by Rio Ferdinand
ページ 1 / 2 次へ » 

更なる栄光を目指すエドウィン

チャンピオンズリーグ決勝戦でバルセローナに勝利できれば、「プレミアリーグ3連覇をも凌ぐ偉業となる」と、エドウィン・ファン・デル・サールは語る。

16日のアーセナル戦をスコアレスドローで終え、リヴァプールの追走から逃げ切り、国内3連覇を達成したユナイテッド。選手の視線は早くも、5月27日にローマで行われるリーガ・エスパニョーラの王者バルセローナとの対戦に向けられている。

「シーズンはまだ終っていない」と、ファン・デル・サールは気を引き締める。「今の僕たちは、もっと大きなタイトルに目を向けているんだ」

「もちろん、リーグ優勝は素晴らしい成果だよ。最後まで非常に競った戦いが繰り広げられた。だけど、最後には全てが報われた。素晴らしい気分だったよ。今の僕たちは、もっと大きな偉業に挑もうとしているんだ」

経験豊富なファン・デル・サールは、ユナイテッドの成功には不可欠な存在だった。しかし、3連覇は個人の功績の積み重ねではなく、チーム全体の努力によるところが大きいと彼は語っている。

「優勝のために全力を尽くしたんだ。とりわけ、ネマニャ・ヴィディッチの存在は計り知れないほど大きかった。そして、ジョニー・エヴァンスの台頭もチーム力の底上げになったよね。中盤ではライアン・ギグスやポール・スコールズ、そしてガリー・ネヴィルといったベテランの活躍が頼もしかった。チーム全体で優勝を勝ち取ったんだよ」

ページ 1 / 2 次へ »