登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/09/2010  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

監督はサウスゲイト監督を擁護

アレックス・ファーガソン監督は、もし今シーズン、ミドルスブラの降格が決まったとしても、ギャレス・サウスゲイト監督は批判を乗り越え、自身の仕事に専念し続けたと、彼を擁護している。

2日の午後にユナイテッドと対戦予定のミドルスブラだが、この試合は彼らにとって降格争いに大きな影響を及ぼす重要な試合となっている。もし、ユナイテッドがリヴァプールに勝ち点6差をつけることに成功すれば、一方のミドルスブラは今シーズン終了時にプレミアリーグから降格する可能性が高まることになる。

「残念なことに、監督というのは3試合か4試合くらい悪い結果を出してしまうと、メディアで叩かれ始めるものなんだ」と、監督は言う。

「しかし、ミドルスブラのスティーヴ・ギブソン会長はこの若い監督をしっかりと後押ししてきた。彼はギャレス・サウスゲイト監督の進歩的かつ野心的で、若手選手たちを多くチームに起用するやり方を理解できるだろう。これは素晴らしいことなんだよ」

「ギャレスはチーム再建に向けてまっすぐに突き進んでいる。彼はジョージ・ボアテングとファビオ・ロッチェンバックを放出し、クラブを前進させるために改革を行った。もちろん、それがいつも思い通りにいくわけではないだろう。こういうことには時間がかかるからね。2年くらい経てば周囲の人たちも、彼のやろうとしていることがわかってくるかもしれない」

ページ 1 / 2 次へ »