登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

28/05/2009  Report by Jon Crampin
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「バルサは素晴らしかった」

ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、新たにヨーロッパの王座についたバルセローナに称賛の言葉を送り、「我々は、自分たちより優れたチームに敗れたのだ」 とコメントした。

初めてチャンピオンズリーグ2連覇を成し遂げた監督になるというファーガソン監督の夢は、バルセローナによって打ち砕かれた。しかし、試合後の監督は今夜のユナイテッドはバルセローナに劣っていたと潔く認めた。

「試合の立ち上がりは非常に良かった。前掛かりに攻めることができていたよ。しかし、エトオのゴールが鍵だった。ボールを取り戻すのは難しかった。彼らはボールの扱いが本当にうまかったからね」

DFのミスについて尋ねられると、監督は次のように語った。

「2失点ともこのレベルの試合では許してはならないゴールだった。ユナイテッドのDF陣は今シーズン非常に優れていた。本当に素晴らしかったよ。しかし、残念ながら今日は2度もみすみすゴールを許してしまった」

「最大限のプレーができたとは思っていない。しかし、我々が戦ったのは非常に素晴らしいチームだった。バルセローナに拍手を贈るよ」

ユナイテッドにとっては2007年の準決勝以降初めてとなるチャンピオンズリーグでの敗戦となったが、監督はシーズン通してのチームの奮闘に賛辞を送った。

ページ 1 / 2 次へ »