登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

05/03/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、PK戦の勝利を称える

サー・アレックス・ファーガソン監督は、ユナイテッドの監督として自身3度目となるカーリングカップ制覇を成し遂げた後、冷静で自信を持った有能な選手たちがPKで優れた能力を発揮したことを称賛した。

後半の終了間際、クリスチアーノ・ロナウドのシュートがポストに当たったとき、PK戦は避けられないと思われた。疲れ果てたトッテナムは、延長の30分間は最後までプレーすることだけで満足しているようだった。彼らの攻撃は1度だけで、ベン・フォスターがダレン・ベントのシュートを防いだものだけだった。しかし、フォスターにとって最高の瞬間は、まだ訪れていなかった。彼はジェイミー・オハラのPKを止め、ユナイテッドに勝利をもたらした。

「ベン・フォスターは最初の素晴らしいセーブで、我々の気持ちを盛り上げてくれた。フォスターは良い動きをしていたし、とても勇敢だった。彼はイングランドを代表するGKになると思うよ」と監督は語った。「そして、キッカーを務めた選手たちは全員自信を持って蹴っていた」

若手選手主体で臨んだ試合だったが、ベテラン選手が重要な役割を果たした。

「スコールズとファーディナンドの経験が生きた試合だった。延長戦でのギグスもそうだ。途中出場したヴィディッチもチームに安定感を与えていた。彼らベテラン選手がチームに落ち着きをもたらしたんだ」

同時に、監督は若手選手の活躍も賞賛した。

ページ 1 / 2 次へ »