登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/09/2010 

ヴィディッチの受賞を願うリオ

リオ・ファーディナンドは最終ラインでコンビを組むネマニャ・ヴィディッチが今シーズン、披露しているプレーを高く評価しており、プロサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手賞に推している。

昨シーズン、同賞はチームメートのクリスチアーノ・ロナウドが受賞。また、過去20年で同賞を受賞したDFは、ジョン・テリー(2004-05シーズン)、ポール・マクグラス(1992-93シーズン)、ガリー・パリスター(1991-92シーズン)の3人だけである。

今シーズン、ヴィディッチは守備の要として安定したパフォーマンスを披露して、チームの無失点記録樹立に貢献。さらに攻撃面では公式戦で7ゴールを決めるなど、大車輪の活躍を見せている。

ヴィディッチの活躍を一番近い場所で見ているファーディナンドは、エドウィン・ファン・デル・サールとライアン・ギグスに並び、ヴィディッチが年間最優秀選手賞受賞に、ふさわしい活躍を見せていると言う。

「今シーズン、ヴィディッチ、ギグス、ファン・デル・サールの3人は安定感という点で最も際立っている。個人賞を獲得するのは、常に攻撃的な選手ばかりだかり。4年前

ページ 1 / 2 次へ » 


「個人賞を獲得するのは、常に攻撃的な選手ばかりだかり。4年前にテリーが受賞しているけど、DF、しかもコンビを組むヴィディッチが受賞したら、すごく嬉しいね」
― リオ・ファーディナンド