登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「11日のインテル戦から新たな負傷者は出ていない。重要な試合が目前に迫っている時、普通はその一戦をどのように切り抜けるべきか不安になるかもしれない。しかし、選手たちはベストな状態にある。心配はない」
― サー・アレックス・ファーガソン監督

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

13 March 2009  Report by Steve Bartram, Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

新たな負傷者なしで大一番へ

サー・アレックス・ファーガソン監督は、リヴァプール戦を前にジレンマに直面していることを喜んでいる。そのジレンマとは、11日にインテルと対戦したにも関わらず、新たな負傷者が発生してないことで生じるものだ。

リヴァプール戦の欠場が確定しているのは、オーウェン・ハーグリーヴスとウェズ・ブラウン、ガリー・ネヴィル、そしてラファエウの4人。以前から負傷離脱していた選手のみだ。そのため、リヴァプールとの大一番に向けて、監督には様々な選択肢が存在する。

「11日のインテル戦から新たな負傷者は出ていない。重要な試合が目前に迫っている時、普通はその一戦をどのように切り抜けるべきか不安になるかもしれない。しかし、選手たちはベストな状態にある。心配はない」

「私の悩みは数多くの選択肢から誰を起用するかだ。リヴァプール戦のようなビッグゲームでは、選手がフレッシュな状態であることが重要だ。リヴァプールは我々よりもオフが1日長かった。だから、私は本当に注意深く選手を選ばなければならない」

ページ 1 / 2 次へ »