登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

04 March 2009  Report by Steve Bartram

ニューカッスル 1-2 ユナイテッド

ユナイテッドは2位との勝ち点差7をつけてプレミアリーグ首位の座をキープしたが、セント・ジェイムズ・パークのファンに後押しされたニューカッスルに苦しめられる試合となった。

ニューカッスルのペーター・レーヴェンクランズのゴールで先制点を取られてしまったユナイテッドだったが、ウェイン・ルーニーとディミタール・ベルバトフのゴールで逆転勝利を収めた。3日の試合でチェルシーとリヴァプールが勝利していたため、プレミアリーグ3連覇を狙うユナイテッドにとっては、落とせない貴重な勝ち点3を手にすることができた。

ニューカッスルは立ち上がりから、ホナス・グティエレス、オバフェミ・マーティンスらが、出足の鈍いユナイテッドを攻め立て、先制ゴールを挙げた。

11月以来、無失点記録を続け、称賛を浴びていたエドウィン・ファン・デル・サールだったが、9分に思わぬミスを犯しニューカッスルにリードを許してしまう。

左45度から放たれたグティエレスのシュートが枠の右へ飛ぶと、これをファン・デル・サールがファンブル。そのルーズボールをレーヴェンクランズにゴールに押し込まれてしまった。

先制されたユナイテッドだが、正確で素早いパス回しを披露し、失点への焦りは見られなかった。ルーニーはニューカッスルのGKスティーヴ・ハーパーに左足でシュートを放つが、ゴールならず。逆にニューカッスルのカウンターを受けたユナイテッドは、マーティンスにあわやというシュートを打たれてしまう。

ユナイテッドは開幕戦でゴールを許していたマーティンスの対応に手を焼いていた。そして19分に、そのマーティンスへの対応でネマニャ・ヴィディッチがイエローカードを提示される。

しかし、その1分後、ユナイテッドは試合を振り出しに戻した。ジョン・オシェイがパク・チソンとのワンツーで右サイドを突破し、ルーニーへパス。ペナルティエリア右でボールを受けたルーニーは、ドリブルでDFとの間合いを外し、シュート。ニューカッスルのDFスティーヴン・テイラーに当たったボールはネットを揺らした。

拮抗した試合は、過去のニューカッスル戦同様に激しい試合となった。雪が多少残っていたピッチはスリッピーで、早い攻撃を仕掛けるには最高の状態だった。ニューカッスルはユナイテッドとの開幕戦で存在感を放っていたMFグティエレスを中心に、CKや多くのクロスボールで、ユナイテッド守備陣にプレッシャーをかけていった。

そんな中、ユナイテッドは前半終了間際の5分前にヴィディッチが決定的なチャンスを迎える。マイケル・カリックのCKを、ヴィディッチがゴールまでわずか5メートルの位置からヘディングシュートを放つがゴールを外してしまう。

その後、ニューカッスルのDFスティーヴン・テイラーが、クリスチアーノ・ロナウドを後ろから倒してイエローカードを受けた。さらに、テイラーのファウルに激高したファーディナンドも主審からイエローカードを提示されてしまう。

後半に入り、ヴィディッチがマーティンスにひじ打ちを受け、ほお骨を痛めるアクシデントもあったが、ユナイテッドは56分にリードを奪う。ニューカッスルのライアン・テイラーのバックパスをパクが奪取。パクのボールに合わせたベルバトフがゴールを決めた。

ページ 1 / 2 次へ »