登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

19/03/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

舞台は終盤戦へ

2008-09シーズンが、エキサイティングな終盤戦へ突入しようとしている。しかし、サー・アレックス・ファーガソン監督は、王者になるための“スキーキー・バン・タイム(緊迫した時間)”を楽しんでいるという。

14日のリヴァプールへの敗戦は忘れ去ったほうが良いが、あの敗戦が他のチームにユナイテッドに追いつくかすかな希望を与えてしまったことは確かだ。

しかしながら、ユナイテッドは未消化試合が1試合多い状態で、2位に勝ち点4差をつけている。4月にはFAカップの準決勝(エヴァートン戦)が控えており、チャンピオンズリーグにおいても、ユナイテッドは準々決勝に駒を進めている。準々決勝の対戦相手は20日の11時(日本時間20時)に行われる抽選で決定する。

すでにクラブワールドカップ、カーリングカップ、そしてコミュニティーシールドを手にしたユナイテッドは、その後も活躍を続けている。監督は選手たちの奮闘を無駄にはしないと固く決意しているようだ。

「心から喜べるのは優勝した時だけだ」と、監督はオフィシャルマガジン『インサイド・ユナイテッド』に語った。「シーズンの終わりまでずっとトップであり続けるために、これから先は厳しい戦いを乗り越えなければならない」

「いら立ちも伴うだろうが、試練として受け入れなければならないよ。その先に待っているのが何より素晴らしいものだからこそ、我々は必死で努力するんだ」

ページ 1 / 2 次へ »