登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ヴィディッチとの対戦を楽しみにしている。最高のDFと戦うことは決して嫌なことではないんだ。なぜなら、それは挑戦だからだ」
― ズラタン・イブラヒモヴィッチ
06/09/2010  Report by Ben Hibbs

ヴィダとの対戦を望むイブラ

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦、インテルのFWズラタン・イブラヒモヴィッチは、ユナイテッドの“壁”ネマニャ・ヴィディッチとの対戦を楽しみにしている。

ヴィディッチは12月に東京で行われたクラブワールドカップ決勝で退場となり、第1戦は出場停止処分を受けていた。しかし、処分が解ける11日の第2戦では先発が予想されている。

リオ・ファーディナンドがFAカップのフルアム戦で負った足首のけがは、インテルにとって朗報かもしれない。しかし、インテルの攻撃陣を牽引するイブラヒモヴィッチは、もう一人のヨーロッパ最高のDF、ヴィディッチとの対戦に警戒を強めている。

「ヴィディッチとの対戦を楽しみにしている。最高のDFと戦うことは決して嫌なことではないんだ。なぜなら、それは挑戦だからだ。選手というものは、常にこうしたハイレベルの戦いを望んでいる。この機会を楽しまないとね」

2-0でインテルが勝利した7日のジェノア戦で、イブラヒモヴィッチは1ゴール1アシストの活躍を披露。そして、セリエA首位のインテルは2位のユヴェントスと勝点7差をキープした。ユナイテッドと同様にインテルは、イタリア国内で抜群の強さを誇っており、チャンピオンズリーグの大一番にも自信を持って挑んでくるはずだ。

「自信がある」とイブラヒモヴィッチは言う。
「全ての試合に勝利したいと考えているし、当然、勝つために僕らはマンチェスターに行く。ただ、ユナイテッドは欧州王者であり、勝つのは簡単ではないだろうけどね」

「オールド・トラッフォードでの一戦は、決勝戦みたいなものだ。準々決勝に進むために、インテルは勝利か引き分けが必要となる。ただ、最初から引き分けを狙って戦うチームなどいない。僕らは勝つために努力をする。ジョゼ・モウリーニョ監督は試合展開、状況に応じた戦術を採用するはずだよ」