登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

26/11/2009  Report by Steve Bartram

ギグス「優勝を足掛かりに」

PK戦の末にトッテナムを下し、クラブワールドカップに続きシーズン2つ目の栄冠を手にしたユナイテッド。しかし、ライアン・ギグスは今回のタイトル獲得をステップに、更なる戴冠を成し遂げたいと話す。

1日、ユナイテッドはトッテナム相手にPK戦の末、クラブワールドカップに続きシーズン2つ目のタイトル、カーリングカップを獲得した。しかし、ユナイテッドで19年目を迎えるベテランは、前人未到の5冠の話題については控えめだった。

「すべてのタイトルに長い道のりがある。僕らはタイトル獲得に対して常に貪欲な気持ちを持っており、終盤戦もこれまでと同じ様に集中力を切らさずプレーし続けたい。トッテナムとの決勝戦は、あまり良いゲーム内容ではなかった。ただし、結果的に勝てたということは、僕らが強い気持ちを持って戦えたという証明でもあるんだ」

一方で、ギグスはウェンブリーでの勝利が残りのシーズンを戦う上で、チームの新たな推進力となるだろうと話す。

「決勝まで勝ち進めば、誰だってタイトルを手にしたいはずだし、達成できればモチベーションはさらに上がものだ。今シーズンで言えば、12月のクラブワールドカップが

ページ 1 / 2 次へ » 


今後を見据えるギグス

「カーリグカップ優勝を契機にまた上昇気流に乗れれば、シーズン終盤にまた栄冠を手にすることができるはずだ」
- ライアン・ギグス