登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「大きな大会でプレーすることを望んでいるんだ。これまで僕が経験した2つの大会では消化不良に終わってしまったからね」と、ルーニーは語っている。「このまま進めば、僕たちはワールドカップ本大会の出場権を獲得することができる。僕はイングランド代表の力になることができると思うよ」
― ウェイン・ルーニー
06/09/2010  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

代表での活躍を誓うルーニー

ウェイン・ルーニーは、イングランド代表が国際タイトル獲得へ近づくために一刻も早くワールドカップ本大会の出場権を獲得することを望んでいる。

ルーニーはキャリアの中で、3度のプレミアリーグ制覇に加え、チャンピオンズリーグ、クラブW杯、カーリングカップを制している。しかし、イングランド代表でのキャリアを考えると、ユーロ2004、そして2006年のW杯では不満の残る成績で大会を去った。

イングランド代表は現在、W杯予選で無敗の成績を誇っており、10日に行われるアンドラ戦に勝利すると本大会出場が近づく。

「大きな大会でプレーしたいんだ。これまで僕が経験した2つの国際大会では消化不良に終わってしまったからね」とルーニーは語っている。

「このまま進めば、イングランド代表はW杯本大会の出場権を獲得することができる。僕は代表の力になることができると思うよ」

「W杯が世界最大の大会であることは間違いない。アンドラ戦で勝利することは大きな一歩になる」

イングランド代表は6日に行われたカザフスタン代表とのW杯予選で4-0と勝利を収めた。ルーニーはこの試合でゴールを挙げ、代表通算得点を22とし、ファビオ・カペッロ監督やチームメートと勝利の喜びを分かち合った。

「得点することができてうれしいよ」とルーニーは試合を振り返った。

「4点を奪っての勝利は良い結果だ。素晴らしいプレーを見せたと思う。ゴールを決めて試合にも勝てたから最高の気分だよ。このチームには得点能力の高い選手がたくさんいるんだ」

ページ 1 / 2 次へ »