登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/09/2010  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

キャンベルがU-21決勝を欠場

フレイザー・キャンベルは開催国スウェーデン代表との対戦した準決勝で退場処分を下されたため、U-21欧州選手権決勝を欠場することになった。

キャンベルはイングランド代表として準決勝の後半から交代出場を果たしたが、ロスタイムに2枚目のイエローカードをもらい、退場となってしまった。スチュアート・ピアース監督率いるU-21イングランド代表は3-3で引き分けた後、PKで5-4として辛勝している。

キャンベルは60分にガブリエル・アグボンラホールがこの大会で2枚目のイエローカードを受けたため、彼に代わってピッチに投入された。素晴らしいパフォーマンスを披露し、一時はスコアを3-0としたイングランド代表の前半のプレーの中でアグボンラホールの警告は唯一の失敗と言えた。イングランド代表はポーツマスのDFマーティン・クレイニーとマンチェスター・シティーのセンターバック、ネドゥム・オヌオハのゴールに加え、スウェーデンのキャプテン、マティアス・ビャルスミルのオウンゴールで3点のリードを得た。

これらのゴールは全てCKから生まれている。クレイニーは開始からわずか55秒でセットプレーから先制ゴールを決め、オヌオハが左サイドからのボールを押し込んで追加点を挙げた。さらに、リー・カッターモールの右サイドからのクロスがビャルスミルに当たって跳ね返り、スウェーデンのオウンゴールでイングランド代表は3点目を挙げた。

スウェーデンの最初のゴールもサイドから生まれた。ギジェルモ・モリスがイングランド代表からボールを奪い返すと、同大会の得点王マルクス・ベルグが低いシュートでマンチェスター・シティーのGKジョー・ハートを打ち破り、68分

ページ 1 / 2 次へ »