登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/09/2010  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

リオ「鍵はコンディション調整」

2008-09シーズンに悩まされた負傷を防止するため、プレシーズンの間に選手たちがコンディションをしっかりと整えるべきだ、とリオ・ファーディナンドは語っている。

リオ・ファーディナンドは、ローマで行われたチャンピオンズリーグ決勝戦に出場した際、ふくらはぎを負傷。昨シーズン、リオは43試合に出場したが度重なる負傷に苦しんだ。背中、そ径部、肋骨の負傷がなければ更に多くの試合に出場できただろう。

「これほど負傷に悩まされたシーズンは初めてだ」と、ファーディナンドは言う。「公式戦で43試合に出場したけど、何試合かは欠場した」

30歳になるファーディナンドは、出場試合するが増えるほど、故障のリスクが増えることを理解している。シーズン終盤に差し掛かると、多くの大会に出場するユナイテッドにとって、主力の離脱は大ダメージになりかねない。

「ベストコンディションを、常に保たなければいけない。ただ、現実的には1年を通じてコンディションを維持するのは難しい。多くの試合に不安を抱えながら出場しなければならないんだ。チャンピオンズリーグの決勝戦だろうと、変わりないよ」

現在、ファーディナンドはアジアツアーでのコンディションに満足しているようだ。

「良い感じだよ」と、ファーディナンドは記者協会に語った。「常に言っているけど、何より大事なのはコンディションなんだ。プレシーズンにいかに良い状態まで持っていくことができるかが重要なんだ。練習やランニングよりも、実戦練

ページ 1 / 2 次へ »