登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

20 July 2009  Report by Gemma Thompson

マレーシア選抜 0-2 ユナイテッド

ユナイテッドはマイケル・オーウェンの2戦連続ゴールで、マレーシア選抜との第2戦を2-0の勝利で飾った。

オーウェンは13分に自らがボールを散らしてからペナルティエリア内に進入し、ゾラン・トシッチが上げたクロスボールのこぼれ球を詰めて、ネットを揺らした。その2分前にはフェデリコ・マケダがダレン・フレッチャーのクロスを受けて先取点を奪っている。

アレックス・ファーガソン監督はこの試合、ベンチにウェイン・ルーニー、ディミタール・ベルバトフを置き、彼らを後半の途中から起用している。選手にとっては、良いトレーニングとなった試合だった。

唯一、18日の試合でスタメン出場を果たしていたジョニー・エヴァンスがこの試合でもスタメンでプレー。4バックは彼に加え、ガリー・ネヴィル、ウェズ・ブラウン、ファビオとなり、GKはベン・フォスターが入った。中盤はダレン・フレッチャーが右サイド、マイケル・カリックが中央に位置。そのカリックとセンターでコンビを組んだのはライアン・ギグスとなった。そして、左サイドにはトシッチが入り、2トップは前の試合で決勝ゴールを決めたオーウェンとマケダとなった。

試合前、17日にインドネシアで起きた爆破テロの犠牲者に対し、1分間の黙とうが捧げられた。本来はアジアツアーの2戦目はインドネシアで行うはずだった。

マレーシア選抜は18日の試合で2ゴールを奪ったヤーヤーを筆頭に自信に満ち溢れているようだった。ヤーヤーがボールに触る度、観客が大声援を送った。しかし、そのような中でもベテランのギグスは洗練された技術や広い視野、質の高い動きで観客を魅了していく。そして6分、そのギグスがユナイテッド最初のビッグチャンスを作る。ギグスとのワンツーで右サイドを突破したフレッチャーのクロスにマケダが頭で合わせにかかった。しかし、これはGKに防がれてしまう。

だが、マケダは11分に先制ゴールをもたらす。ファビオの左サイドからのクロスを起点に、ボールはファーサイドのフレッチャーへ渡る。フレッチャーはダイレクトで中央へ折り返すと、最後はマケダが右足で押し込んだ。ゴール自体は簡単なものだったかもしれないが、その前に彼はファビオのクロスボールを絶妙なタッチでフレッチャーにつなげ、自身のゴールに結び付けていた。

さらに2分後、ユナイテッドは追加点を挙げる。オーウェンが左サイドにいたトシッチへパスを送ると、トシッチはすかさず鋭いクロスボールをゴール前へ放り込んだ。これをマケダがニアサイドに飛び込むと、相手DFが目測を誤りクリアミス。ルーズボールをオーウェンが詰めてネットを揺らした。彼は至近距離からのシュートを正確に決めた。

マレーシア選抜が攻撃を組み立てるのに苦労する一方で、ユナイテッドはオーウェンとマケダの2トップが常に脅威を与えていた。そして33分には3点目を挙げるチャンスを迎える。トシッチのクロスを起点にオーウェンがシュートに持ち込み、ゴールを脅かした。

後半に入り、ユナイテッドはフォスターに代えてクシュチャクを投入。そのクシュチャクは後半立ち上がり、ヤーヤーにシュートを打たれそうになるが、ブラウンの懸命なクリアによりピンチを逃れる。その後はさほど守備面で仕事がなかったが、フィード面で貢献。ギグスへ絶妙なパスを通すと、そこからオーウェンのシュートにつながった。

そして予想通り、60分付近でユナイテッドは大幅な選手交代を行う。オーウェン、ネヴィル、エヴァンス、トシッチに代えてベルバトフ、ジョン・オシェイ、リオ・ファーディナンド、ナーニを投入していった。そして67分にルーニーが投入された際はスタジアムから一際大きな歓声が起こった。そのルーニーはピッチに登

ページ 1 / 2 次へ »