登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

01/08/2009  Report by Ben Ashby
ページ 1 / 3 次へ » 

戦術の変更を考慮する監督

アレックス・ファーガソン監督は今シーズンの選手構成を考慮して、新たな戦術で戦うことを明かした。クリスチアーノ・ロナウドの移籍によって、ゴールを奪うまでの過程に変更を加えなければならないと感じている。

「ロナウドが移籍したことは決定力という点で、明らかに大きな損失だ」と監督は8月5日発売のオフィシャルマガジン『インサイド・ユナイテッド』で語った。

「だが、嘆いてばかりもいられない。違う方法でゴールを奪わなければならないんだ。だから、昨シーズンの戦術を変更する必要があるだろう。ファンは戦い方の変わった新たなユナイテッドの姿を目の当たりにするはずだ」

ウェイン・ルーニーはサイドでプレーするよりも、マイケル・オーウェンやディミタール・ベルバトフとFWでコンビを組むことになると、監督は話した。そしてベルバトフは新シーズンの鍵になるプレーヤーだと考えている。

「昨シーズン、ベルバトフを起用したポジションは間違っていた。だが、今はどこで彼を使えば良いのかをわかっている。センターフォワードで使うということをね」と、監督は語った。「チームには昨シーズンのプレーで馴染んだはずだ。おそらく彼は20ゴール以上挙げてくれるだろう」

対戦相手によってユナイテッドはシステムを変えることができる。ライアン・ギグスはユナイテッドの選手にユーティリティーな能力があるからこそできると述べた。

ページ 1 / 3 次へ »