登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「オーウェンはこのチームの他のストライカーとは異なる性質を持っている。彼はいつもペナルティエリア付近でスペースを探している。今日は本当によくゴールを決めてくれたよ」

― アレックス・ファーガソン監督
06/09/2010  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

監督がオーウェンのゴールを称賛

アレックス・ファーガソン監督は、チームがクアラルンプールでの厳しい試合を制したことを喜ぶと同時に、ユナイテッドでのデビュー戦で決勝ゴールを挙げたマイケル・オーウェンを称賛した。

前半、ユナイテッドはウェイン・ルーニーとナーニのゴールで2点を先行。しかし、前半終了直前にヤーヤーのループシュートで1点を返されると、後半開始7分にベン・フォスターのミスでリードを失った。

マイケル・オーウェンは60分から途中出場すると、残り5分でチームに勝利を導く決勝点を挙げた。

「オーウェンは他のストライカーとは異なる性質を持っている。彼はいつもペナルティーエリア付近でスペースを探している。今日は本当によくゴールを決めてくれた」とファーガソン監督はMUTVに喜びのコメントを残した。

「ライアン・ギグスが飛び出したものの、GKにボールをブロックされてしまった。しかし、そのボールにいち早く反応するのがオーウェンであることは分かっていた」

「この試合は我々にとって大きなテストだった。予想通り、相手はエネルギーと熱意に溢れ、そしてスピード豊かなチームだった。そしてカウンターで数回、我々を苦境に陥れた。非常にオープンな試合だったね。私の所見としては、この試合を見た誰もが満足できたと思う」

「我々は2つのゴールを奪って良いスタートを切った。しかし、ハーフタイム直前にゴールを決められ、更に最初の試合ということで後半は運動量が落ちてしまった」

「1点目を決めた若者(ヤーヤー)の視野は素晴らしかった。彼はボールをセットするとすぐに、ファン・デル・サールが前に出ていることを確認して美しいループシュートを放った」

ページ 1 / 2 次へ »