登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ユナイテッドはこれまで多くの移籍金を払ってきた。しかし、今夏はそれをする必要がないんだ。我々はすでに非常に優れた若い選手を獲得してきた。そして、今夏は若いガブリエルとアントニオ、そしてベテランのマイケルをチームに加えた」
― アレックス・ファーガソン監督
06/09/2010  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「補強は完了した」

アレックス・ファーガソン監督は、ユナイテッドは、今夏に加入した新選手と、獲得に費やした資金の比率うまくかみ合ったと主張している。

3選手の入団会見において監督は、移籍金が高騰した今夏の移籍市場の中で、成熟したチームに加わることになった若いガブリエル・オーベルタン(22)とアントニオ・バレンシア(23)、そして、ベテランのマイケル・オーウェンの獲得に「素晴らしい価値」があると断言した。

「イングランドとヨーロッパの選手の価値は、非常に高まっている」とファーガソン監督は語り、移籍市場の近況についてコメントを続けた。

「私は大金が移籍市場に投下されていることについて、現実的であるとは思えない。しかし、何らかの理由があって、この夏は例年以上に燃えたようだね。今夏の市場の動きは特殊だった。価値を見出すのがとても難しくなっている」

「ユナイテッドは、これまで少なからず高い移籍金を支払わなければならなかった。しかし、我々には非常に優れた若い選手がいるため、今夏はその準備金を用意していなかった」

「クリスチアーノ・ロナウドを失ったことに対して、過度に反応する必要もない。我々は彼を6年間在籍させたこと自体、よくやったと思う。ロナウドはここから出て行きたいと願い、我々はそれを許したんだ」

「1人か2人の選手がチームを去ったことで、うろたえてはならない。なぜなら、私は若い選手にとって、ユナイテッドが良いチームだと思っているからだ」

ページ 1 / 2 次へ »