登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

20 January 2009  Report by Adam Bostock

ユナイテッド 4-2 ダービー

ユナイテッドはカーリングカップ準決勝第2戦のダービー戦で4-2の勝利を収め、ウェンブリーで行われる決勝に進出した。3度目のリーグカップ制覇を目指すユナイテッドは、3月1日に決勝を戦う。

アウェーでの第1戦で0-1の敗戦を喫したユナイテッドだが、前半のうちにナーニ、ジョン・オシェイ、カルロス・テベスがゴールし、試合の大勢を決めた。後半もクリスチアーノ・ロナウドがPKを決めて4点目を挙げた。しかし、勇敢に戦ったダービーは、ジャイルズ・バーンズが2得点を奪い、意地を見せた。

サー・アレックス・ファーガソン監督は、ダービーとの第1戦のメンバーから2選手の変更を行った。ベン・フォスターとライアン・ギグスが起用されたのだ。ポール・スコールズに代わって先発出場したギグスは準々決勝のブラックバーン戦で、テベスの先制ゴールをアシストしていた。

クリス・コモンズは、第1戦でユナイテッドに衝撃を与えるシュートでダービーにアドバンテージをもたらしていた。そのコモンズは7分にミドルシュートを放ったが、わずかにポストの左に外れた。
直後の8分にはギグスが右サイドからクロスを送り、直接枠をとらえるシーンがあったが、元チームメートのGKロイ・キャロルがキャッチした。

そして16分、ナーニの衝撃的なシュートがオールド・トラッフォードの観衆を沸かせた。左サイドでボールを受けたナーニはドリブルで中へと切れ込み、右足でシュートを放つと、キャロルの手をかすめてゴール右に突き刺さった。

その後、セットプレーからダービーにシュートに持ち込まれそうになるが、センターバックに入ったガリー・ネヴィルを軸に防いでいく。

すると22分にユナイテッドに追加点が生まれる。ダニー・ウェルベックが前線でボールを受けると、ゴール前に走りこんでいたオシェイへパス。これを受けたオシェイが枠の左にシュートを流し込んだ。
スタンドから拍手を受けたオシェイは、2007年4月、4-2で勝利したエヴァートン戦以来のゴールとなった。

28分にはウェルベックがボレーシュートを放つ場面があったが、これはキャロルに阻まれた。しかし、すぐにゴールは生まれる。ギグスのショートコーナーから、ラファエウが絶妙なクロスをゴール前へと送り、これにテベスが頭で合わせて、3点目を叩き込んだ。
だが、残念なことに、このプレーがラファエウの最後のプレーとなってしまった。ラファエウの代わりにはダレン・フレッチャーが投入された。

迎えた後半、ナーニが得たFKをギグスが直接狙うが、キャロルの好セーブによりゴールならず。さらに53分にはテベスがネットを揺らす場面があったが、オフサイドを取られてしまう。

58分にはロナウドを投入したが、直後の59分にロブ・ハルスのクロスからピンチを迎える場面があった。しかし、ネヴィルに当たったボールは枠を外れ、失点は逃れる。

ダービーは62分、センターバックのアンディ・トッドを負傷の影響で下げ、ナセル・バラジテを入れる。そして、コモンズを下げてジャイルズ・バーンズを投入。
一方のユナイテッドは19歳のジェイムズ・チェスターを入れた。彼にとってこの試合がユナイテッドでのデビュー戦となった。

リザーブチームでキャプテンを務めているチェスターは、ネヴィルに代わって登場した。3-0という比較的プレッシャーのかからない状況ではあったが、ダービーはチェスターをテストするかのように、圧力をかけていく。

ページ 1 / 2 次へ »