登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/01/2009  Report by Ben Hibbs

コーチ陣を称える監督

2008年夏、カルロス・ケイロスがアシスタントマネージャーを辞任したことで、マイク・フェランがアシスタントマネージャー、レネ・メウレンステーンがファーストチームコーチに昇格した。この2人を任命したことは正しかったと、サー・アレックス・ファーガソン監督は感じている。

新しい仕事に挑戦することになったコーチ2人に関して、監督は非常に良くやっていると語った。

「変化は好きじゃない」と、サー・アレックス・ファーガソン監督は、オフィシャルマガジン『インサイド・ユナイテッド』に語った。「長期間、スタッフの変わらないクラブが好きだよ」

監督は、ケイロスがポルトガル代表監督のオファーを焦って即決し、クラブを去ったことを非難したが、その後に行った人事の効果に関しては、非常に満足している。

「クラブを見渡した時に考えなければならないと思ったのは、チームの国際性だった。だけどそれ以外を考えれば、アシスタントマネージャーの役職に最も適しているのはフェランだったんだ」

「メウレンステーンは、カルロス・ケイロスとは違う指導方法をチームにもたらした。方法は違えど、高いレベルのクオリティを保っている。私が思うに、2人を選んだのは自然の流れだったんだ。そして2人とも非常によくやってくれているよ」