登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Jamie Renton
ページ 1 / 2 次へ » 

攻撃陣がチームを優勝に導く

今シーズン再びプレミアリーグでユナイテッドが優勝するためには最近のような攻撃力が不可欠だと、以前ユナイテッドに所属していたアンディー・コールは主張する。

三冠(プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FAカップ)達成時の選手であるアンディー・コールは、カルロス・テベス、ウェイン・ルーニーに加えてディミタール・ベルバトフがユナイテッドに加入して以降のユナイテッドを、興味深く見守っている。これらのFW陣にクリスチアーノ・ロナウドも加えると、コールだけでなくテディー・シェリンガム、オーレ・グンナー・スールシャール、ドワイト・ヨークらが名を連ねていた頃以来、現在の攻撃陣はほぼ間違いなく最強であると言える。

「新しいスタイルに慣れて、互いに連動できるようになるまでには時間がかかる」

「初めて私がユナイテッドに来た時、ブライアン・キッドは僕にこう言ったんだ。『このクラブでは40ゴールもすれば十分だろうと思っているんだったら、間違いだ』とね。僕は彼の言葉を聞いて、おかしいんじゃないかと思った。だけど数ヶ月ユナイテッドで過ごすうちに、その意味が理解できたよ」

ユナイテッドのストライカーたちは今、最高潮に達しようとしている。ベルバトフ、ルーニー、テベスはこの1ヶ月の間に素晴らしいゴールを決めている。テベスのゴールはボクシングデー(12月26日)に開催されたストーク戦の1ゴールだけだが、彼は次に行われるボルトン戦でも先発出場する可能性がある。なお、ルーニーはウィガン戦の開始49秒でシーズン12ゴール目を決めたが、その試合で負傷したためしばらく欠場する。

ページ 1 / 2 次へ »