登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

新監督を迎えたダービー

カーリングカップ準決勝で対戦するダービーは新監督が就任したことで、良いパフォーマンスを披露しようとさらにモチベーションを高めていることだろう。

プライド・パークをホームとするダービーの選手たちは、昨年10月28日にクラブを去ったポール・ジュエル前監督に代わり新監督に就任したナイジェル・クラフが指揮を執るこの試合で、強い印象を残そうとするだろう。

今までダービーは監督代行のクリス・ハッチングスが指揮を執っていた。所属するチャンピオンシップ(2部リーグに相当)でのイプスウィッチ戦は0-1という惜敗で終えており、FAカップではカンファレンス・ナショナル(5部リーグに相当)所属のフォレスト・グリーンと4-3というエキサイティングな試合を展開した。

10年になる指導者としてのキャリアのほとんどをカンファレンス・ナショナルのバートン・アルビオンで過ごしていた42歳のクラフ監督は、サー・アレックス・ファーガソン監督と知恵比べをすることになる。

バートン・アルビオンは2006年1月にユナイテッドと対戦するチャンスをFAカップで得たことがある。その時は、ホームではスコアレスドローで試合を終えるという衝撃を残した後、オールド・トラッフォードでは0-5で大敗した。

ユナイテッドには選手時代のクラフ監督との対戦で苦い思い出がある。それは1994年1月、クラフがリヴァプールに所属していた時に3-3で引き分けた試合だ。サー・アレックス・ファーガソン監督率いるユナイテッドが3点リードした後、クラフは2得点を記録し、最後には引き分けで試合は終了した。クラフには、他にもマンチェスター・シティーや

ページ 1 / 2 次へ »