登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

26/01/2009  Report by Ben Hibbs

フォスター、自身の役割に集中

ベン・フォスターは4冠獲得の可能性について話すことは避けたが、クラブワールドカップ、コミュニティーシールドに加え、今シーズンさらなるタイトルを勝ち取るために、どんな試合であってもチームの勝利に貢献したいと話した。

「僕らは4冠を成し遂げると、はっきり言ったことはない」とフォスターはMUTVに話した。「4つの大会を戦う場合であっても、目の前の試合に勝利することしか考えていないんだ」

フォスターは20日に行われたカーリングカップ第2戦のダービー戦から、2試合続けてゴールマウスを守った。負傷に苦しんでいたシーズンを乗り越えたフォスターは、試合に出場できることを喜んだ。

「2試合連続で公式戦に出場したのは、およそ1年半ぶりのことだった。僕にとって良いことだったし、少しだけど自信を得られたよ。僕はこのままゴールマウスを守り続けられるとは思っていない。ファン・デル・サールは素晴らしいパフォーマンスを維持しているからね」

ここ2試合はトマシュ・クシュチャクを差し置いてスタメン出場したわけだが、決して2番手GKになったとは、フォスター自身思っていない。

「僕は2番手になったとは思っていない」とフォスターは話した。「ユナイテッドには3人も良いGKがいる。一つのポジションを巡って争っているわけで、今後プレーの機会を失うことを覚悟する必要がある。僕はここ2試合出場できたけど、クシュチャクはもっとプレーの機会を得ているしね」

フォスターは開始5分でロマン・パフリュチェンコに先制

ページ 1 / 2 次へ » 


深めた自信

「2試合連続で公式戦に出場したのは、およそ1年半ぶりのことだった。僕にとって良いことだったし、少しだけど自信を得られたよ」
― ベン・フォスター