登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

31/01/2009  Report by Adam Bostock

エドウィンが功労賞を受賞

30日にカーリントンで、エドウィン・ファン・デル・サールにバークレー功労賞が手渡された。

ユナイテッドは、昨年11月15日のストーク戦から1月27日のウェスト・ブロムウィッチ戦までのプレミアリーグの11試合で連続無失点を達成しており、ファン・デル・サール自身も個人記録を打ち立てた。

今回の記録達成について、サー・アレックス・ファーガソン監督は次のようにコメントしている。「11試合連続無失点というのは素晴らしい記録であり、ファン・デル・サールは今回の記録達成における重要な役割を果たしていたと思う」

「すでにキャリアの終盤に差し掛かっているが、彼のパフォーマンスは本当に素晴らしい」

監督はファン・デル・サールが10年前にオールド・トラッフォードにいなかったことだけが唯一、悔やまれているようだ。

「1999年にエドウィンがいなかったことはミスだったね」と、監督は言う。「私は彼が欲しかったのだが、すでにマーティン・エドワーズがGKマーク・ボスニッチと契約してしまっていて、手遅れだったんだ。そして、ファン・デル・サールはユヴェントスに行ってしまった」

ページ 1 / 2 次へ » 


新記録達成者

エドウィン・ファン・デル・サールは、エヴァートン戦を前に1032分の連続無失点記録を達成した。

プレミアリーグで最後にファン・デル・サールからゴールを奪ったのはアーセナルのサミール・ナスリだ。ナスリは2008年11月8日にエミレーツ・スタジアムでアーセナルが2-1で勝利した試合で、2ゴールを決めている。今回の記録のスタート地点となった2ゴール目が決まったのは、同試合の48分だった。