登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

07 January 2009  Report by Gemma Thompson

ダービー 1-0 ユナイテッド

ユナイテッドはアウェーでのダービー戦に敗戦し、ウェンブリーで行われるカーリングカップ決勝に進出するには、2ndレグで勝利が必須となった。

ユナイテッドはダービーとの準決勝第1戦で苦戦を強いられ、前半にクリス・コモンズに素晴らしいミドルシュートを叩き込まれてしまった。

サー・アレックス・ファーガソン監督は、週末にチェルシー戦を控えた今日の試合、FAカップのサウサンプトン戦の先発メンバーから5名を変更した。エドウィン・ファン・デル・サール、ガリー・ネヴィル、ディミタール・ベルバトフが休養を与えられ、マイケル・カリックとライアン・ギグスがベンチスタートとなった。代わってトマシュ・クシュチャク、ポール・スコールズ、カルロス・テベス、ラファエウ、ダーロン・ギブソンがスタメンとなった。一方で18歳のストライカー、ダニー・ウェルベックは2試合続けて先発出場のチャンスを勝ち取った。

対戦相手のダービーは新監督のナイジェル・クラフが試合を観戦していた。彼はおそらく90分を通してユナイテッドを相手に運動量豊富に動き回り、さらに規律を持ってプレーした選手たちに感銘を覚えたことだろう。

試合は開始6分、右サイドからのクロスを受けたスティーヴ・デイヴィスがオープニングシュートを放った。しかし、クシュチャクが体を張ってブロックし、失点は逃れる。

さらにわずか2分後にはコーナーキックからミル・ステリョフスキにシュートを放たれたが、これはゴールライン上でジョニー・エヴァンスがクリアして見せた。

ダービーのゴールマウスを守っていた元ユナイテッドのロイ・キャロルは快適にプレーしていたことだろう。

ユナイテッドの最初のチャンスは19分、ギブソンの鋭いクロスが右サイドから送られ、ゴール前に詰めたウェルベックに合いそうになった。しかし、わずかに届かず、キャロルは安心したはずだ。

ユナイテッドは徐々にスコールズとアンデルソンを擁する中盤の構成力で上回り、試合を支配していく。そして28分にナーニのパスからジョン・オシェイがシュートを放つ決定機を迎えた。だが、ボールはDFに当たり、枠には飛ばなかった。

そしてこのプレーのわずか2分後、ダービーに先取点を許した。このゴールに選手たちは失望したことだろう。ゴールから約23メートルの距離からコモンズに左足で強烈なミドルシュートを打たれると、これが見事にネットに突き刺さったのだ。

反撃したいユナイテッドはスコールズがミドルシュートを放って同点ゴールを狙いに行くが、枠をとらえきれない。

後半に入ってもユナイテッドは試合のペースを掴めない。そして監督は63分に、ウェルベックとスコールズを下げて、ウェイン・ルーニーとクリスチアーノ・ロナウドを投入した。だが、この交代は意味を成さなかった。逆にダービーに追加点を許すピンチを迎えてしまう。68分にゴール正面からデイヴィスにミドルシュートを打たれたのだ。

これはわずかに枠を外れて失点を逃れたユナイテッドは、68分と69分にロナウドがゴールチャンスを迎えるが、ともに枠をとらえられない。

ページ 1 / 2 次へ »