登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Adam Bostock

ブルース監督に恐れはない

スティーヴ・ブルース監督は、ウィガンを率いてオールド・トラッフォードへ戻ることを楽しみにしている。

ウィガンは、ここ6試合で勝ち点15を挙げており、ユナイテッドやアストン・ヴィラに勝ち点1差と迫っている。最近の勝利は11日に行われたホームでのトッテナム戦で、ホンジュラス出身のDFマイノル・フィゲロアの終了間際のヘディングが決まり、1-0で勝利を収めた。

「我々はチームとして、的確なプレーができているし、現在では良い結果が多くの信頼と回復力を生み出している状態だ」と、この試合後にブルース監督は語った。

「ここまで我々は素晴らしい戦いをみせているが、このようなチーム状態は、ここ2ヶ月間だけの話ではない。今後、10ヶ月、11ヶ月と続いていくだろう」

14日のオールド・トラッフォードで行われるウィガンとの対戦は、ユナイテッドが昨年5月に07-08シーズンのリーグ優勝を決めた試合以来の顔合わせとなる。

「誰もがオールド・トラッフォードに行くことを楽しみにするだろう。もちろん私も楽しみにしているよ。それには理由があるんだよ」と、選手時代にユナイテッドのキャプ

ページ 1 / 2 次へ » 


「オールド・トラッフォードで戦うときに、唯一必要なことは楽しむことだ。我々は勝ち点に余裕があるから、恐れずオールド・トラッフォードへ向かい、できるなら勝ち点をもぎ取ってこようと思う」

― スティーヴ・ブルース、ウィガン監督