登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

僅差での敗戦に運を感じる監督

僅差での敗戦は2ndレグに向けて、この試合での唯一のポジティブな出来事だったとサー・アレックス・ファーガソン監督は話した。

監督はダービーが幾度かの決定機をものにできなかった上での0-1という敗戦は、2ndレグへ向けてたくさんの課題を見つける事ができた試合だったと考えている。

「この試合で良かった点は、チームは負けたものの1点差で済んだという事だね」と監督は話した。「0-1での敗戦は運が良かったと思う。カップ戦では往々にして運が大事になってくるが、今夜の試合ではその運が我々に味方したね」

「我々のパフォーマンスを考慮すると、1点差というのは素晴らしい結果だったと思う。全く良いプレーができていなかったからね」

「今日はクロスの対応やセットプレーの対応が悪かった。守備陣がやや不安定に感じられたね。いつもなら、問題なく対処できるのだが、今日はそれができなかった」

「0-1という結果は何度も言うが、我々にとって幸運だった。なぜならこの試合では4点差で負けていてもおかしくない内容だったんだ。しかし、実際には1点差でホームへ帰る事ができるし、素晴らしいチャンスとなったね」

ページ 1 / 2 次へ »