登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

18 February 2009  Report by Adam Bostock

ユナイテッド 3-0 フルアム

ポール・スコールズ、ディミタール・ベルバトフ、そして復帰したウェイン・ルーニーのゴールにより、ユナイテッドはすべての大会を通しての連勝を10に伸ばすと同時に、プレミアリーグでの2位以下との差を大きなものにした。

この試合結果は、ユナイテッドのアドバンテージをはっきりと反映するものとなった。他のチームとの消化試合数の差はなくなり、ユナイテッドは現在、2位のリヴァプールに勝ち点差5、得失点差9をつけている。

サー・アレックス・ファーガソン監督が、FAカップのダービー戦のメンバーから7人を入れ替えて臨んだユナイテッドだったが、3月7日のFAカップ準々決勝で再戦する可能性のあるフルアムを明らかに上回っていた。

DF陣にはジョン・オシェイ、ネマニャ・ヴィディッチが戻り、エドウィン・ファン・デル・サールはリーグ戦での14試合連続無失点記録更新を目指すことになった。中盤にはマイケル・カリック、ポール・スコールズが復帰し、ディミタール・ベルバトフとカルロス・テベスが2トップを組んだ。

開始直後、右サイドに入ったクリスチアーノ・ロナウドは、右サイドバックに入ったオシェイのオーバーラップを引き出し、シュートチャンスを演出。しかし、衝撃的なゴールは逆サイドからの流れで生まれる。12分、マイケル・カリックの左CKからポール・スコールズが美しいボレーシュートでゴールネットを揺らしたのだ。スコールズは右足で見事にボールをミートさせ、スピンのかかった強烈なシュートを枠の左へ飛ばした。マーク・シュウォーツァーはこれを弾ききれず、ボールは枠に吸い込まれていった。

20分、フルアムは右サイドのジョン・パントシルが上げたクロスをボビー・ザモラがヘディングで合わせたが、ボールは枠の外へ。この試合で最も活躍していたフルアムの選手はパントシルだった。

22分にはロナウドが強烈なシュートを放って追加点を狙いにいくが、ボールは枠の上へ越えていった。さらに24分には、ベルバトフのスルーパスを受けたテベスがシュートに持ち込んでネットを揺らすが、オフサイドフラッグが上げられノーゴールに。続けて25分には、ベルバトフがヘディングシュートを放つものの、アーロン・ヒューズに阻まれ、ゴールに至らなかった。

しかし、ベルバトフはすかさずゴールを決める。29分にスコールズの浮き球のパスに反応したオシェイがスライディングをしながらゴール前へパスを送ると、これをベルバトフが押し込んで、ユナイテッドが追加点を奪った。直後にはテベスのスルーパスに反応したベルバトフがこの試合2ゴール目を挙げたかに思われたが、ボールは枠を外れた。

そして、スコールズにもこの試合2点目かというシーンが訪れるが、シュウォーツァーにセーブされる。さらにベルバトフがヘディングシュートを放っていくが、またもシュウォーツァーに阻まれた。

後半を迎え、57分にはスコールズとパク・チソンのワンツーからベルバトフがシュートを放ったが、ボールはクロスバーを越えていく。

そして、61分にベルバトフに代わってルーニーが投入された。そのわずか2分後、ルーニーはファーストタッチで3点目を挙げる。左サイドのパトリス・エヴラのクロスを受けた右サイドのパクが、トラップから逆サイドへグラウンダーの高速クロスを送り、これにファーサイドのルーニーが走り込んで合わせた。

この試合、フルアムはユナイテッドに無失点試合を継続させるためだけにプレーしているようだった。65分にはザモラが際どいシュートを放ち、2度目のチャンスを迎えたが、ボールは枠の左へと外れる。

ページ 1 / 2 次へ »