登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

28/02/2009  Report by Joshua Evans
ページ 1 / 2 次へ » 

守備陣を称えるシェリンガム

テディー・シェリンガムは、カーリングカップ決勝の前に古巣ユナイテッドの好調の理由を説明した。

かつてユナイテッドで活躍したシェリンガムは、現在のユナイテッドの成功がリオ・ファーディナンドとネマニャ・ヴィディッチで構成されて強固な守備陣によってもたらされていると考えている。

「最近のユナイテッドは驚くほど強い。とりわけ、守備陣は無失点記録を樹立するなど好調だ。これまでもファーディナンドとヴィディッチは良い連係を見せてきた。しかし、ユナイテッドの中心がこの2人だということはあまり理解されていない。理由は簡単だ。スペクタクルな攻撃陣が常にスポットライトを浴びてきたからだ。だが、今シーズン、最も注目去られるべきはヴィディッチ、ファーディナンド、そしてエドウィン・ファン・デル・サールを含めた守備ブロックなんだ」

また、シェリンガムは現在のチームにユナイテッドの伝統を受け継いだ創造的な選手がいると語った。

「ユナイテッドの前線には、ゴールを挙げることができる選手が数多く在籍している。ウェイン・ルーニーとディミタール・ベルバトフは相手にとって常に脅威となり、ライアン・ギグスはまだ20代の頃のようなプレーを見せている。守備陣が好調で無失点を続けている現状を踏まえれば、今のユナイテッドは1試合で1ゴール奪うだけで十分なんだ。」

多くの選手を称賛する中、とりわけシェリンガムが賛辞を送ったのが、自らと同じトッテナムからユナイテッドに活躍の場を移したマイケル・カリックである。

ページ 1 / 2 次へ »