登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「10ポイント離れている4位のチェルシーが我々に追いつくのは非常に困難だろう。ただし、『絶対ない』と言い切れないのが、サッカーだ。忘れもしない。 あれは1997-98シーズンこと。我々は勝ち点差12をつけてアーセナルを上回っていたにも関わらず、最終的にタイトルを逃してしまったんだ」
― アレックス・ファーガソン監督
19/02/2009  Report by Adam Bostock

監督「まだ安心はできない」

サー・アレックス・ファーガソン監督は、10度のプレミアリーグ制覇という偉大な経歴を持っている。しかし、栄光に彩られたユナイテッドを率いる指揮官は、長いキャリアで得た経験から「油断は11度目のリーグ制覇に向けての大きな障害になり得る」と警戒を緩めない。

「10ポイント離れている4位のチェルシーが我々に追いつくのは非常に困難だろう。ただし、『絶対ない』と言い切れないのが、サッカーだ。忘れもしない。あれは1997-98シーズンこと。我々は勝ち点差12をつけてアーセナルを上回っていたにも関わらず、最終的にタイトルを逃してしまったんだ」

「(同シーズン)優勝を逃したのは、多くの負傷者を抱えていたことが理由だった。だが、今シーズンも同様に負傷者を抱えながらも、選手をやりくりしてうまく対処できている。これは大きな成長と言えるだろう。今のチームは選手層が厚く、多くのタレントをそろえており、選手の入れ替えが可能なんだ。過去の過ちを繰り返すつもりはないよ」

選手層の厚さはフルアム戦で復帰を果たしたウェイン・ルーニーの離脱でも証明されている。ユナイテッドはエース不在の間、カルロス・テベスやダニー・ウェルベックが代役を担い、公式戦で7連勝を記録。そして、ルーニーは復帰戦となった18日のフルアム戦で、いきなりゴールを奪い、前線の層の更に厚みを増した。

「これまでにルーニーは、途中出場の難しい場面で何度も素晴らしいプレーを見せてきたが、今回は特に輝いていた。ファーストタッチでゴールを奪ってしまったんだからね。彼は完全復活を遂げたと言えるだろう。このままシーズン終わりまで、けがなく試合に出場し続けられることを願っているよ」