登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

08/12/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

プレッシャーのない中での戦い

ユナイテッドは、チャンピオンズリーグの決勝トーナメントに進出することが決まっている。そのため、アレックス・ファーガソン監督は、負傷者が続出しているチームに対してプレッシャーが少ないことを強調。同時に監督は、若手選手が落ち着いた環境でプレーできるとの考えを明かした。

8日夜、ユナイテッドはグループBの首位の座を掴むべく、フォルクスワーゲン・アレーナでヴォルフスブルクと対戦する。この試合に向けて、監督は、簡単に首位でグループリーグを終えることができるという見通しはないと考えている。そして、厳しいスケジュールの中でも、このヴォルフスブルク戦に集中しなければならないと思っている。

「我々に多くの負傷者が生じていることはヴォルフスブルクを喜ばすだろう。なぜなら、この試合は彼らにとっては重要な試合だからね」と、ドイツに降り立った監督は7日にコメントした。

「私が気にしていることは、選手が負傷から復帰しつつあることについてだ。私は長期的な観点で物事を考えなければならない。土曜(アストン・ヴィラ戦)のことや、それ以降のリーグ戦について考えなければならないんだ」

言うまでもなく、ユナイテッドの選手は、ドイツで勝利を掴もうと全力を尽くすことだろう。だが、チャンピオンズリーグに出場するチームのレベルの高さを考えると、グループリーグを2位で終えることは、大きな問題にはならないのかもしれない。

ページ 1 / 2 次へ »