登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

14/12/2009  Report by Matt Nichols

敗北に苛立つヴィディッチ

アストン・ヴィラ戦で喫した今季4回目の敗戦は、チェルシーとの差を詰めるチャンスを逃したことを意味する。そして、ネマニャ・ヴィディッチは敗戦に失望している。

チェルシーは、エヴァートン戦で1ポイントしか得られなかったにも関わらず、ユナイテッドよりも3ポイント上にいる。ガブリエル・アグボンラホールのゴールがユナイテッドを打ち破ったためだ。

ネマニャ・ヴィディッチはユナイテッドがゴールを奪う多くのチャンスを逃し、同時にポイント差を詰める機会を逃したことも認めた。

「本当にがっかりだよ。ホームでチェルシーとの差を詰める絶好のチャンスだったんだけど、それをものにすることができなかったよ」と、ヴィディッチはMUTVに語った。

「フィジカル的には問題なかったと思う。だけど、ゴール前での冷静さが欠けていた。たくさんのチャンスを逃してしまい、試合に負けてしまったんだ」

ヴィディッチはアストン・ヴィラとの大きな違いは、ゴールを陥れる際の冷静さにあったことを認めた。

「残念なのは、ヴィラにはそれほど多くのチャンスはなかったけれど、その内の最高のものをしっかり決めてきた。サッカーとはそういうものなんだよ。ゴールを決めた方が勝つんだ。ヴィラの選手達ははしっかりと自分たちの仕事

ページ 1 / 2 次へ » 


苛立つ選手たち

「とても失望している。ホームゲームでチェルシーとの差を詰める絶好のチャンスだったけれど、それをものにすることができなかった。肉体的に最高のプレーができたとは言えない。必死にプレーしたけど、ゴール前で忍耐強くなかった。だからこそ、多くのチャンスを逃し、試合に負けたんだ」
― ネマニャ・ヴィディッチ