登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/12/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

救世主はデ・レート

もし、ネマニャ・ヴィディッチが19日のフルアム戦に間に合わなければ、リッチー・デ・レートがセンターバック不足に苦しむファーガソン監督の救世主になるかもしれない。

デ・レートは右サイドバックとして目覚しいプレーを見せただけでなく、ヴィディッチ交代後はセンターバックとしてもプレー。ウォルヴァーハンプトン戦での勝利に貢献した。ウェズ・ブラウンが間に合わなければ、クレイブン・コテージでもこのポジションで起用されるかもしれない。

「ブラウンはハムストリングに負傷を抱えていて、まだ数週間掛かる見込みだ」とアレックス・ファーガソン監督はMUTVに語った。

「ヴィディッチも今日の試合でふくらはぎを痛めてしまい、19日の試合に間に合うかわからない。準備しておかなければならないね」

「若いデ・レートは安定感のあるプレーを見せて、センターバックとしても十分な働きをした。まるで本職の選手のようだったよ。19日にも同じポジションでプレーしてもらう可能性も十分にあるね」

5月のハル・シティ戦以来、リーグ戦2度目の出場となったデ・レートは、まずは右サイドバックとしてプレー、ダレン・フレッチャーの投入後は、マイケル・カリックとともにセンターでプレーし、ウォルヴァーハンプトン相手に90分間を戦い抜いた。

ページ 1 / 2 次へ »