登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ブルースは昔のチームメートを擁護したんだ。二人は90年代の偉大なユナイテッドにおいて活躍していた。当時の選手たちは全員、互いを助け合っていたし、信じ合っていた。素晴らしい関係だった」
― サー・アレックス・ファーガソン監督
25/12/2009  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

元ユナイテッド選手たちの絆

マンチェスター・シティーが下した決定は、プレミアリーグに携わっている元ユナイテッド選手たちの絆を強めた。

19日、マンチェスター・シティーはマーク・ヒューズを解任し、ロベルト・マンチーニを後任監督に招聘した。この決断は様々な物議を呼んでいる。

まず、一人の男がヒューズを擁護した。オールド・トラッフォードでヒューズと7年に渡ってチームメートだったスティーヴ・ブルースだ。

サンダーランドの監督であるブルースは、19日にマンチェスター・シティーと対戦し、3-4で敗戦した。だが、その後に起こったヒューズ解任の報に「信じられない」と驚きを隠せなかった。そして、「本当に失望している」と、マンチェスター・シティーの決断を非難した。

これは、元ユナイテッド選手の絆の強さを証明する行為だった。ブルースの発言に喜びを隠せなかったアレックス・ファーガソン監督も、ヒューズ解任には驚いていた。そして、同様にヒューズを擁護した。

「誰でもショックを受ける決定だった」と、ファーガソン監督は語った。

「翌日、ヒューズと話をした。彼は苦しんでいたよ。それからヒューズについてもブルースと話したんだ。試合後のブルースは素晴らしかった。サッカーでは、監督同士が口論になることがある。でも、ブルースは昔のチームメートを擁護したんだ。二人は90年代の偉大なユナイテッドにおいて活躍していた。当時の選手たちは全員、互いを助け合っていたし、信じ合っていた。素晴らしい関係だった」

ページ 1 / 2 次へ »