登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

08/12/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 3 次へ » 

今そこにある危機

ユナイテッドは今、かつて経験したことがない危機に直面している。DF陣に負傷者が続出していることに加えて、ウェイン・ルーニーとディミタール・ベルバトフまでもが負傷者リストに名を連ねることになってしまったのだ。

衝撃的なニュースがユナイテッドを襲った。ジョン・オシェイとジョニー・エヴァンスが年明けまでチームを離脱することになってしまった。

アレックス・ファーガソン監督は、チャンピオンズリーグのグループB最終戦となるヴォルフスブルク戦に向けて、ドイツに帯同させる選手に言及。19人の選手のうち、13人がMFであることを明かした。

監督は現在、ドイツ王者との試合に向けたメンバー構成に頭を痛めているところだが、それと同時に12日に行われるアストン・ヴィラとの試合に関しても気を配らなければならない状況に追い込まれている。

しかし、このアストン・ヴィラ戦ではハムストリングに問題を抱えていたウェズ・ブラウンの復帰が見込まれており、さらに病気のためチームを離れていたネマニャ・ヴィディッチも戻ってくることが予想されている。だが、今度はルーニーがハムストリングを痛め、さらにベルバトフがひざを負傷と、ヴォルフスブルク戦の欠場が決定。さらにこの両選手はアストン・ヴィラ戦の出場も微妙な状況となっている。

「負傷者に関しては、何一ついい知らせなどない」と、ヴォルフスブルク戦に向けた公式会見に出席した監督が言った。「我々は何人かの選手をドイツに連れて来ていない。だが、メンバー構成については多くの選択肢を持っている」

ページ 1 / 3 次へ »