登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/08/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 3 次へ » 

監督「負けるのは好きではない」

バーンリー戦はユナイテッドにとって、ただのプレミアリーグの2戦目に過ぎなかったかもしれない。ユナイテッドが早い段階で勝ち点を落とすのは決して珍しいことではないからだ。しかし、バーンリー戦の敗北が影響してか、アレックス・ファーガソン監督は21日、勝利に対する強い意気込みを見せた。

監督は19日の試合でバーンリーに敗れたショックを払拭するため、ウィガン戦での勝利を求めている。

「悪いスタートを切ったことはもう変えられない」と監督は語った。「負けるのは好きではない。勝てると感じていた試合で敗れることも好きではないんだ」

「バーンリーが33年間トップリーグに在籍していなかったことを考えると、バーンリー戦は勝たなくてはいけない試合だった。バーンリーのファンは素晴らしかった。彼らの人生の中でも特別な夜だったに違いない。そして、彼らの後押しを受けたバーンリーの選手たちは素晴らしいパフォーマンスを披露した。良い動きを見せていた」

「それからバーンリーは素晴らしいゴールも挙げた。ユナイテッドの選手はあの場面でベストな対応をしなければいけなかった。だが、それにしても素晴らしいゴールだった」

「もしユナイテッドの選手があのようなゴールを決めたならば、ワールドクラスのゴールだと言われ、新聞の見出しを飾るだろう。ロビー・ブレイクは長い間プレーしている選手だ。私は彼の素晴らしいプレーを何度も見てきている。誰もロビー・ブレイクがワールドレベルの選手だとは言っていない。だが、あのシュートはワールドクラスだった。今シーズン

ページ 1 / 3 次へ »