登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

21/08/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

フェラン「主導権を握れなかった」

ユナイテッドはバーンリーを過小評価していたわけではないと、アシスタント・マネージャーのマイク・フェランが語っている。ユナイテッドは試合に勝つだけのパフォーマンスができなかったということだ。

バーンリーの本拠地ターフ・ムーアで選手としてのキャリアをスタートさせたフェランは、BBCに対しバーンリー戦の感想を語った。

「バーンリーの勝利に驚いた人も多いだろう。だが、ターフ・ムーアでの試合に簡単なものなんてないんだ。バーンリーは全力でユナイテッドに立ち向かい、ミスを誘うのだろうと思っていた。我々は試合の主導権を握ることができなかったんだ」

「試合はバーンリーの思うとおりの展開になってしまった。ハードに動き回り、自分たちのスペースを確保していた。決してユナイテッドがバーンリーを軽んじていたわけではない。それに、バーンリーがホームでユナイテッドに勝利したからといって、どのチームでもユナイテッドに勝てるというわけではない」

前半終了間際に、マイケル・カリックのPKというユナイテッドにとって最高のチャンスが訪れた。しかし、PKはその試合でMVPの活躍をしたバーンリーのGKブライアン・イェンセンに止められてしまった。なぜカリックがPKを蹴ったのかという質問についてフェランは次のようにコメントした。

ページ 1 / 2 次へ »