登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

バーンリーvsユナイテッド
プレミアリーグ
8月20日(木)3時45分(日本時間)
ターフ・ムーア

テレビ放送予定
生中継:J sports
試合後のリポート、監督・選手コメントは、ManUtd.jpでチェック!
19/08/2009  Report by Ben Ashby
ページ 1 / 2 次へ » 

バーンリー戦プレビュー

1976年以来33年ぶりに、ユナイテッドはバーンリーと対戦する・・・・・・

チーム情報
プレミアリーグの開幕戦、バーンリーのプレミアリーグ復帰戦は、敗戦という手痛いものとなった。0-2で敗れた相手であるストークは、シーズン終盤に降格を争う相手になるかもしれない、倒さねばならない相手だった。そうは言っても、ストーク戦はこれから長く続く38試合の最初の1試合に過ぎない。バーンリーのオーウェン・コイル監督は、数人の選手を新しく獲得したが、彼らがチームに馴染むまでには少し時間がかかるだろう。その一方で、ユナイテッドは素晴らしいプレシーズンを終え、開幕戦となった16日のバーミンガム戦に1-0で勝利している。ユナイテッドがバーンリーのホームに訪れるのは、1976年4月19日以来となる。その試合はユナイテッドがルー・マカーリのゴールにより1-0で勝利しており、そのシーズンはホーム戦、アウェー戦共にユナイテッドが勝利した。そのシーズンの結果、バーンリーは下部リーグに降格した。バーンリーファンは、間違いなくこの歴史の繰り返しを望んではいないだろう。彼らは間違いなくターフ・ムーアを埋め尽くし、チャンピオンであるユナイテッドを迎え撃つだろう。

選手情報
ユナイテッドは守備陣に不安を抱えている。エドウィン・ファン・デル・サール(手・指)、リオ・ファーディナンド(太もも)、ラファエウ(肩)の欠場は決まっており、ジョニー・エヴァンス(そ径部)、ガリー・ネヴィル(そ径部)、ネマニャ・ヴィディッチ(ふくらはぎ)の出場も危ぶまれている。オシェイとウェズ・ブラウンが引き続き出場することになるだろう。マイケル・カリックはバーミンガム戦に出場していないが、バーンリー戦での復帰が見込まれている。FWはディミタール・ベルバトフとウェイン・ルーニーの2人が引き続き出場するか、もしくはマイケル・オーウェンがユナイテッドの選手として初めてプレミアリーグで先発する可能性もある。バーンリーでは、キャプテンのスティーヴン・コールドウェルについて、監督は「ほぼチャンスはない」と込めとしていた。足首を痛めているマイケル・ダフも欠場が濃厚だ。新加入のデイヴィッド・エドガーも、バーンリーでのデビューを果たすだろう。レディングから加入したばかりのアンドレイ・バイクリーが、早々にデビューする可能性もある。

注目選手
スティーヴン・フレッチャーはバーンリーでの記録となる300万ポンド(約4億6000万円)の移籍金で、今夏ハイバーニアン

ページ 1 / 2 次へ »