登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

19/08/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 3 次へ » 

エカーズリー「楽しみにしている」

リチャード・エカーズリーは、19日に行われるユナイテッド戦をとても楽しみにしている。

34シーズンぶりのトップリーグ昇格を果たしたバーンリーは、19日にホームでの開幕戦を迎える。エカーズリーにとって、ユナイテッド戦は特別なものだ。

7月の中旬までエカーズリーはマンチェスター・ユナイテッドの選手だった。サルフォードで生まれ、有名なユナイテッドのアカデミーを卒業し、14歳の時にユースチームでデビューを果たした。

昨シーズン、エカーズリーはFAカップのトッテナム戦の53分から途中出場。トップチームデビューを飾った。その後、トップチームで3試合に出場。それぞれの試合で印象的な活躍を見せていた。

だが、2007-08シーズンのリザーブチームの最優秀選手賞を受賞したことのあるエカーズリーは、今夏、オールド・トラッフォードに留まり根気よく出番を待つか、レギュラーで出場できる機会を求めるかという、非常に厳しい選択に迫られていたことを認めている。

「ユナイテッドは理想のクラブだ。誰もこのクラブを去りたくはない。でも、僕はサッカーをする機会が欲しかった。バーンリーでは出場機会を得ることができると思ったんだ」とエカーズリーはMUTVに語った。

「契約延長のオファーがあったことは確かだ。でも、プレミアリーグで自分の実力を試したいと思っていたから、バーンリーからのオファーを受け入れることに決めたんだ」

ページ 1 / 3 次へ »