登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

25/08/2009  Report by Steve Bartram

選手たちの活躍に満足する監督

ユナイテッドは22日に行われたウィガン戦に5-0で勝利。この圧勝劇はバーンリーに敗れ、今シーズンのユナイテッドの実力を疑問視する人々に対する最高の回答となった。しかしアレックス・ファーガソン監督とユナイテッドの選手は、周囲の批判など全く気にしていなかったようだ。

19日、ユナイテッドは昇格組のバーンリーに0-1で敗北。王者に対するメディアの反応は、すさまじいものだった。ファーガソン監督の戦術や起用したメンバーなど、異常とも言える事態に発展。しかし、そんな騒ぎをよそに、ユナイテッドはしっかりと自分たちのプレーを分析していた。

「こんな騒動には関わっていられない」と、MUTVのインタビューに対してファーガソン監督はコメント。「我々が注視すべき点は現実に起こったことだ。確かに、19日のバーンリー戦は期待していた結果とはまったく異なるものだった」

「しかし、ユナイテッドは1試合の結果だけを重視するようなチームではない。納得のいく結果を得られなかった試合からしっかりと学び、我々はそれを経験という財産に代えていかなければならないのだ。私は、ユナイテッドの選手がここ数年で多くのタイトルを獲得し、多くの実りある経験を積んできていることを十分理解している」

ページ 1 / 3 次へ » 


バーンリー戦を振り返る監督

「我々が気にすべきことは現実に起こったことだ。確かに、19日のバーンリー戦は期待していた結果とはまったく異なるものだった。あれは起こってはいけない結果だったが、現実に起こってしまった。今度はこの敗戦から我々は何かを学ばなければならないんだ」
― アレックス・ファーガソン監督