登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「カルロ・アンチェロッティ監督は昨シーズン、フース・ヒディンク元監督の後を継いでチェルシーに就任し、クラブを再建してきた。彼らは強くなると思うよ」
―― アレックス・ファーガソン監督
08/08/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

新生チェルシーを警戒する監督

今シーズン注目のイタリア人と言って、アレックス・ファーガソン監督の頭に浮かぶのは、チェルシーのカルロ・アンチェロッティ新監督だけではなさそうだ。

若手ストライカー、フェデリコ・マケダもその1人だろう。マケダは昨シーズンの見事なパフォーマンスをプレシーズンに入っても披露し続けた。彼はアジアツアーで2ゴールを決め、バレンシア戦の後半で途中出場した際にも相手ディフェンスを脅かす活躍を見せた。

「マケダは5日の夜にも素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれた」と監督はコミュニティーシールドに向けての試合前日会見でコメントしている。「彼の年齢を考えれば、異例だと思う。おかげで、メンバー選びに非常に悩まされているよ」

一方でチェルシーは、ユナイテッドの19度目のリーグ優勝を阻む最大のライバルになると見られている。これはアンチェロッティの就任と、マンチェスター・シティーやレアル・マドリーの多額の移籍金による買収の手を逃れてチェルシーの選手たちが残留したことを受けての評価だ。

「ジョン・テリーが残留したことで戦力ダウンを免れたのは間違いない。彼はチームのキャプテンであり、素晴らしいセンターバックだ。疑問の余地もないだろう」

「カルロ・アンチェロッティ監督は今年の2月から5月まで指揮を執っていたフース・ヒディンク元監督の後を継いでチェルシー監督に就任し、クラブを再建してきた。これから自分自身に合ったシステムを作り上げていくだろう。ミランの時の中盤をダイヤモンド型にするシステムのようにね」

「チェルシーは強くなるだろう。彼らは経験も豊富だし、素晴らしい選手が何人かいるからね」

ページ 1 / 2 次へ »