登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

20/08/2009  Report by Adam Bostock

監督「運をつかめなかった」

レックス・ファーガソン監督はバーンリー戦で敗北を喫した要因に、選手たちの判断力が悪かったことを挙げている。

ユナイテッドの選手たちはこの試合、あまりにも軽率なプレーを犯し、さらに一瞬の隙を見せたことなどが重なり、ロビー・ブレイクに衝撃的なゴールを許してしまった。

「チャンスがあったにもかかわらず、それをしっかりと生かすという心構えができていなかった」と監督はMUTVに話した。

「シュートを打つチャンスがあったにも関わらず、時間をかけてしまい、そのチャンスをフイにしてしまっていた。終盤の20分はあまりも急ぎすぎてミスを犯していた。試合中に慌ててしまうと、総じてミスを犯してしまうものなんだ」

監督はマイケル・カリックのPKが決まっていれば、試合の流れが変わったと思っている。カリックは前半終了間際にPKを外していた。

「あのPKが決まっていれば、ユナイテッドに勝機が傾いたと思う。後半に向けて気持ちを落ちかせることができただろうし、リズムをつかめたはずだからね。勝敗というの

ページ 1 / 3 次へ » 


バーンリーに敗戦し、最悪の夜に

「全選手がこの結果に失望している。我々にとって悪い結果だったからね。だが、ウィガン戦で選手たちがこの敗戦を払拭するプレーを見せてくれると確信しているよ」
― アレックス・ファーガソン監督

プレミアリーグ結果

バーミンガム 1-0 ポーツマス
バーンリー 1-0 ユナイテッド
ハル 1-5 トッテナム
リヴァプール 4-0 ストーク
サンダーランド 1-3 チェルシー
ウィガン 0-1 ウォルヴァーハンプトン