登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/09/2010  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 3 次へ » 

ヴェンゲル監督がギグスを称賛

アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、プロサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手賞を受賞したライアン・ギグスを称えた。

ユナイテッドで長期に渡るキャリアを築き上げてきたギグスは、29日のアーセナル戦に出場すると、ユナイテッドでの800試合目の出場となる。

「ギグスに対して深い尊敬の念を抱いている。彼は1991年にキャリアをスタートしたが、20年が経とうとしている現在も第1戦で活躍している。驚くべきことだよ」と、ヴェンゲル監督はチャンピオンズリーグ準決勝第1戦の前にオールド・トラッフォードで行われた会見でコメントした。

「20年近く、プレミアリーグのトップレベルでプレーしている選手に対して、敬意を表する他ないだろう」

「先日、彼はPFA年間最優秀選手賞を受賞した。今シーズンが彼にとってキャリアの最高潮というわけではないのかもしれない。ただ驚くべきは、彼がこの賞を今年獲得したことではなく、これまで獲得したことがなかったという点だ」

10年前、FAカップでアーセナルを敗退に追い込むゴールを決めた時、ギグスはまだ25歳だった。現在、アーセナルでプレーするメンバーの大半が、当時のギグスよりも若く、ヴェンゲル監督は自分の選手たちが何か特別なことをしてくれるのではないかと期待しているようだ。

「アーセナルはまだ成長過程にあり、今も進化している途中だ。恐らく、来シーズンもそうなるだろう。今こそ、我々が期待に見合うだけの実力を持っていることを証明すべき時だ」

ページ 1 / 3 次へ »