登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/09/2010  Report by Ben Hibbs

監督「準決勝は終わっていない」

オールド・トラッフォードで行われたアーセナルとのチャンピオンズリーグ準決勝第1戦で、アレックス・ファーガソン監督は、試合前に望んでいた通りの1-0という結果を手にした。しかし、試合を支配しにも関わらず、多くの得点を得られなかったことに失望の色を隠さなかった。

ファーガソン監督は決勝へのチケットを手にするためにチームはベストを尽くしたと評価した。一方で、第1戦を終えた時点でユナイテッドがリードしているが、まだ準決勝の半分を終えただけだと気を引き締めている。

「この結果にはがっかりしている。チャンスはたくさんあったのに、得点に結び付けることができなかったんだからね」と語った。「しかし、良かったこともある。試合前、私はチームが得点することと、失点をしないことの2つを期待していた。そして、その通りになった。だが、今日の試合でアーセナルのGKマヌエル・アルムーニアは3度も素晴らしいセーブを見せた」

「今日のパフォーマンスは素晴らしかった。決勝進出に向けて滑り出しは良好だよ。もちろん、準決勝はまだ終わってはいないが、ユナイテッドには点を取れる選手が揃っている。エミレーツでもアーセナルのゴールを十分に脅かすことができると思う」

ページ 1 / 3 次へ » 


終わってはいない

「見方を変えれば、我々にとっては難しい状況でもある。また、第1戦で決勝進出を決めるだろうと思っていたファンをいら立たさせてしまったかもしれない。勝利を求められるのはこのクラブの宿命だ。まだ準決勝は終わっていない」
― アレックス・ファーガソン監督