登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

29/04/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

攻撃陣の選択に悩むファーガソン

チャンピオンズリーグ準決勝第1戦、本拠地オールド・トラッフォードにアーセナルを迎えるユナイテッドは、ほぼベストメンバーで大一番を迎えられそうだ。

29日、決戦の地ローマへのチケットを懸けてユナイテッドがアーセナルと激突。第1戦、トッテナム戦で足首を痛めたガリー・ネヴィルと長期離脱中のオーウェン・ハーグリーヴスが欠場するものの、その他の選手は万全な状態で、ユナイテッドはアーセナルとの大一番をベストメンバーで挑めそうだ。

「ネヴィルを除き全選手のコンディションが整っている。アーセナルとの難しい一戦を迎えるにあたり頼もしい限りだ」と、ファーガソン監督は28日に行われた会見で語った。

ただ、好調な選手が多い分、誰を起用するべきかファーガソン監督は悩んでいる。とりわけ、トッテナム戦で5ゴールをたたき出した攻撃陣の選考については答えを出せずにいるようだ。

「多くの選択肢が用意されており、正直困っている。もちろん、うれしい悩みではあるがね。キックオフまで24時間、私はじっくり考えてピッチに送り出すメンバーを決めなければならない」

「トッテナム戦で途中出場したカルロス・テベスは、スタミナと持ち前の攻撃センスを存分に生かして試合の流れを大きく変えてくれた。彼の活躍によってアーセナル戦で起用するメンバーの選択肢を広がったよ」

ページ 1 / 2 次へ »