登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

24/04/2009  Report by Steve Bartram

次戦に集中するフレッチャー

ダレン・フレッチャーはポーツマス戦の勝利が、プレミアリーグの優勝争いにおいて非常に重要な1勝になると語った。ユナイテッドはチェルシーやリヴァプールよりも消化試合が1試合少なく、現在のポイント差を守ることが大切だと考えている。

「21日、リヴァプールがアーセナルと4-4で引き分けたことで、僕らがポーツマスに勝利したことがより大きな意味を持つことになった」とフレッチャーはMUTVに語った。

「重要な勝利だった。僕たちはリーグ戦で首位に立っているからね。勝ち点3を獲得したことは優勝へ前進したということだ。ただ、試合はまだ残っている」

「残り試合でいくつ勝ち点を獲得できるかなんて、計算したところで意味はない。今後どうなるか、まだ分からないよ。僕たちができることは目の前の試合に集中することだ。勝ち続ければ、おのずと優勝できるんだからね」

29日にオールド・トラッフォードで行われる、チャンピオンズリーグ準決勝第1戦のアーセナル戦が注目されているが、フレッチャーは25日にオールド・トラッフォードで行われるトッテナム戦に集中している。

「僕たちには、まだホームでの重要な試合が3試合も残っている。ポーツマスを倒した今、僕たちはトッテナム戦に目を向けている。僕たちは勝ち点3を獲得できるように、次の試合に集中しなければいけない。常に次の試合のことだけを考えることが大事なんだ」

【関連記事】
インタビュー:テベス
トッテナム戦プレビュー

◇トッテナム戦の応援メッセージはこちら