登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「この試合に対するモチベーションは高く、僕らがローマに辿り着くことを望んでいることに疑いの余地はない。そこに辿り着くため、両チームが持てる力を出し尽くすはずだ」

エドウィン・ファン・デル・サール
06/09/2010  Report by Nick Coppack

エドウィン「新たな歴史を刻みたい」

ユナイテッドの正GKエドゥイン・ファン・デル・サールは、アヤックス時代にチャンピオンズリーグ2連覇に挑戦したことがあり、いかに大会連覇が難しいかを知っている。

1994-95シーズン、ファン・デル・サールはアヤックスの一員としてチャンピオンズリーグを制覇。翌シーズンも決勝進出を果たしたが、PK戦の末にユベントスに敗れて連覇を逃している。1992年にチャンピオンズカップからチャンピオンズリーグに名称が変更されて以降、未だに連覇を成し遂げたチームは存在しない。

しかし、ファン・デル・サールは今シーズン、ユナイテッドが決勝の舞台ローマで栄光を手にし、新たな歴史を築くことができると考えている。

「連覇を成し遂げる可能性があった1996年のアヤックスよりも、今のユナイテッドの方が良いチームだと思う。

「当時は負傷者が多かった上に、経験豊富なベテランが怪我や出場停止で、多くの若手がその穴を埋める必要があった。でも今のユナイテッドは選手層が厚くレベルも高い。連覇の可能性は十分にあると思うよ」

ファン・デル・サールは「チャンピオンズリーグのアンセムを聞けば、気持ちが高まり、ビッグゲームであることが分かるはずだ」と語り、次のように続けた。

「アーセナルとの一戦は、ただの1試合ではない。チャンピオンズリーグの準決勝なんだ。この試合に対するモチベーションは高く、僕らは決勝の地ローマに辿り着きたいと強く望んでいる」